建売住宅

【体験談】電気代と水道代を年間36,000円節約した方法は?比較サイトを使った!

貯金箱

都会から田舎に引っ越してきてから、光熱費が高い!

関東圏に住んでいた時より水道代、電気代、ガス代で毎月プラス1万円以上かかってます。

ツマ
ツマ
本当に痛い出費です…。

なんとしてでも光熱費を安くしたい!そう思った私がある行動をしたら本当に安くなりました。

どんな行動をとったのか?教えるのでよかったら参考にしてくださいね!

電気代を安くした方法 

電気代を安くした方法は、電力会社を変えること!

今は電力が自由化になったので、特定の電力会社と契約しなければいけないということがなくなりましたよね。

私も賃貸アパートでもともと契約していた東北電力から、自分で選んだHTBエナジーに変えました。

そうしたら…毎月2,000円は安くなりましたね!

 別に以前より節電を心がけているわけではありません。

夜、電気つけながらソファーでうたた寝してしまったということもあります。

特に努力をしなくても電力会社を変えるだけで電気代が安くなるので、本当に変えてよかったなぁと思っています!

ちなみに電力会社はネットの電力会社比較サイトでシュミレーションをして、安かった会社を選びました。

世帯人数や生活リズム(日中家にいるのか等)でシュミレーションをしてくれるので、電力会社の比較はやった方がいいと思います!

電力会社を一括で比較して、1番安い電力会社が分かります。無料なので比較だけでも。

簡単な入力項目を埋めれば、2,3分で比較が完了します。

エネチェンジで電力比較を行う

水道代を安くした方法 

トイレの水を節水

今の家に引っ越しをした当初から思っていたのが、トイレを流すときの水の勢いが強いということ!

トイレをして水を流すと、水の勢いが強すぎて壁に水しぶきがつくくらい勢いがあったのです。

ツマ
ツマ
顔にもかかりそうなくらいでした(笑)

この写真では水の勢いが収まっている状態ですが、ここから流れる水が壁にかかっていました。

トイレの水

ツマ
ツマ
すごく気になっていました

始めはまぁ仕方ないかと思いそのままにしていたのですが、次第にこの水の勢いを抑えたら節水になって水道代が安くなるんじゃないかな?と思ったので水道管をいじって水の勢いを抑えようとおもうようになりました!

でも実際にトイレで確認しても、どこのねじを緩めたらいいのかなどはさっぱり分からず…。

トイレの水道管

賃貸アパートだったので、不動産屋に電話をしてみました。

そうすると、水道管業者さんが自宅に行くように手配してくれるとのこと。

後日、水道管業者さんがきて水の流れを抑えてくれました。

作業時間は15分ほどで終わりましたし、無料でしたよ!

賃貸アパートなどに住んでいる人は無料でやってもらえる可能性が高いです!

実際にこの作業をしてもらってから、水道代が毎月1,000円~2,000円は安くなりました!

光熱費が1カ月1,000円以上下がるっていうのは家計に嬉しいですし、1年間で12,000円は確実に安くなるのでかなり節約になると思います。

私はトイレの水を節水しましたが、キッチンの流しの水などを節水してもいいですよね。

自分の家の中で水の勢いが強い場所がないか?確認してみることをおすすめします!

風呂の残り湯で洗濯

お風呂にお湯を入れた次の日に洗濯をする際、たまにやっているのですが風呂の残り湯で洗濯をするのもおすすめです。

といってもバケツで何回も風呂のお湯を運ぶのは大変だと思います。

ツマ
ツマ
バケツリレー!

最近は、風呂の残り湯で洗濯をするためのホースが洗濯機についていますよね!

私が使っている洗濯機も5年ほど前に買った東芝製のものですが、ホースがついています。

こんな感じで洗濯機にホースをつけ、風呂の残り湯を洗濯機に吸い上げます。

洗濯機

お風呂のお湯の汚れが気になるから洗濯するのはちょっと…という人は、すすぎの時は綺麗な水で洗うといいですよ。

洗濯機にもよりますが、洗う時だけ残り湯を使うのか?洗いもすすぎも残り湯を使うのか?選択するボタンがついていると思います。

ガス代を安くする方法

ガス代も、自分のライフスタイルに合うガス会社を選ぶことで安くすることができます!

今はガス会社も自由化になり、自分で選べるようになりました!

我が家はプロパンガスなんですが、プロパンガスって都市ガスよりも高いのがネックですよね。

ツマ
ツマ
我が家は冬なんて、20,000円近くガス代がかかりますよ…

うちは不動産屋の関係でガス会社は変更できませんでしたが、可能な人はガス会社はどこが1番安いのか?比較してみた方が光熱費や安くできますよ。

もちろん、無料で比較できます。

ガス会社によって基本料金に差が合ったり、同じガスの使用量でも料金に違いがあるそうなので、一度比較してみましょう。

ガス屋の窓口で比較を行う

水道代と電気代は日頃我慢しなくても安くできる!

光熱費の節約というと、毎日こまめに電気を消したり節水したりと日々の努力が必要なイメージがありますよね。

でも、一度トイレを節水して電力会社を変えただけで1カ月3,000円ほどは光熱費を節約することができました。

ツマ
ツマ
1年で36,000円節約できたってことです!このお金は、貯金したり投資に使えますよね

36,000円を5年間貯金し続けたら、なんと!18万円もたまります!

みなさんも是非やってみてくださいね~!

建売の購入前にやるべきこと

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!